【足長盆栽鋏】210mm

盆栽などの枝の込み入った部分でも刃先を差し込んでお手入れできる細型の足長盆栽鋏。

枝ぶりの多い盆栽や鉢植えの5mm程度の細い枝の剪定に適した足長盆栽鋏。他の盆栽用の鋏に比べ、込み入った枝の中でもお手入れしやすいように、持ち手部分の輪を短くすることで、ハンドル部分を長く造り、枝の中に刃先を差し込みやすく、枝や手を傷つけずに剪定できます。厚みや幅を細身に仕上げているので、細い枝だけでなく、葉や新芽のお手入れなどの細かい作業にも幅広く使える軽量の鋏です。
※切断可能な枝の太さは、生木の種類や状態により異なります。

切断目安5mm以下

【足長盆栽鋏】210mm

価格:

3,100円 (税込)

購入数:

在庫

2丁

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
友達にメールですすめる

匠のこだわりポイント

  • 耐摩耗性が高い安来鋼青紙2号
    主に高級刃物に使用されている、硬く粘りのある安来鋼青紙2号を使用しています。この鋼材は、耐摩耗性が高いため、切れ味が長持ちします。ただし、ステンレスに比べると錆やすい性質があるため、使用後に水気や汚れをしっかり拭き取って保管いただくことで、良好な状態を保つことができます。
  • 枝離れの良いハマグリ刃
    刃の形は、断面から見ると、刃先から中ほどにかけて、なだらかなふくらみがあり、蛤の貝に似ていることから、「蛤刃」と言います。この「蛤刃」は、枝との刃離れが良くなる効果があり、刃が滑るように枝に入るので、握りこむときに感じる抵抗が少なく、心地良い切れ味を実感できます。
  • 錆びにくいステンレスネジ
    鋏は、切り刃と裏刃の合わせ具合が切れ味に影響します。錆びづらいステンレス製のネジを使うことで、刃の合わせがズレにくく、切れ味を長く維持できます。
  • 大きく滑らかな持ち手
    持ち手(ハンドル)の輪を大きく滑らかな曲線にしていますので、手の大きい方や軍手をして作業をする方でも、握りこみやすく、疲れにくい構造です。「切れる」だけでなく、「切りやすさ」を追求した結果、出来上がった形状です。
  • 滑りにくい梨地仕上げ
    持ち手(ハンドル)の表面は梨地(ザラザラした)仕上げを施しています。梨地仕上げは、作業中に、不意に滑り落とすことのないように、見た目だけでなく、安心して作業していただけることを願っています。

※刃先の錆は切れ味や使用感を低下させ、鋏を使えなくする最大の原因です。使用後は汚れや水気をよく拭き取り、刃の表と裏にミシン油等を塗布し、時々はカシメ部分にも1、2滴垂らしおくことで、切れ味の良い鋏をより長くお使いいただけます。

商品仕様

サイズ 210mm
刃長 60mm
重量 150g
材質 本体:安来鋼青紙2号
カシメ:ステンレス
表面仕上げ 梨地仕上げ
品番 TMR-2103
メーカー 鶴巻刃物
ブランド 翠柳
品名 足長盆栽鋏 210mm

お支払い方法

当店は以下のお支払い方法をご用意しております。お客さまのご都合に合わせてお選びいただけます。

  • 各種クレジットカードのご利用(決済手数料は無料です)
    ご利用いただけるカード一覧
    ご利用いただけるカード
    VISA/MASTER/NICOS/UFJ/DC/JCB/AMEX/DINERS
  • 代金引換サービスのご利用
    当店ではヤマト運輸様の代金引換サービスを利用しています。ご利用の際は別途324円(税別)の料金が発生します。

送料は全国一律648円です。※一部地域は除きます

ページトップへ